備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

古い建具の再生


ガラスは簡単に外せます 天井側のほうからスライドさせてはめるようになっています

木わくは、裏側から外していけます。建具は何でも、天井側にゆとりがあるので、はめるときは、まずはグっと上にはめて、床側に落とす感じ。外すときも同じです。良くできていると感心します。

水洗いして、乾いたら柿渋塗り。柿渋を飲んで木が喜ぶ感じで、古い良いものがよみがえる一番好きな瞬間です

奥にはめてもらいました 石垣も見えて良い雰囲気になりそうです。わーい。


kanae3 • 2020年6月12日


Previous Post

Next Post