備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

色落ちの例など


春の海。

骨董ギャラリー喫茶 蔵 梅満開です

こちら、柿渋の色落ちの例です。去年いつか塗ったフラワーボックスたち。雨ざらしだと、こんなふうに、柿渋、あっさり落ちます。また塗ると、また良い色になり、愛着も増すものですが、うーん、またいつ塗ろうかな。春は草も伸びはじめ、年度末でもあり、あっちもこっちも気になります。忙しいぞ。でも晴れて暖かくて、やる気がでますね。今日もよいお天気です。頑張ろう。

い草の円座がありました。これ、座ると、とてもとても落ち着くのですよね。新しく作る方があって本当に嬉しいです。

写真少し遠過ぎましたね。奥の手押し車、こちらは柿渋の良い色合いで、手前のお花と相まってとても良い風情です。やっぱり柿渋ちゃん大好き。


kanae3 • 2022年3月16日


Previous Post