備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

作務衣

柿渋染めの作務衣を流行らせたいと思いまして、出本正彦先生に何種類か作っていただいております。日常の作業服として…

Continue Reading

服を染める

上の服から垂れてくる柿渋液に注意 少し染めむらがあっても、緑のなかで素敵な存在感です。柿渋染めの服。液にひたし…

Continue Reading

素敵なお家を見学

松の継ぎ目のない廊下!継ぎ目がないんですよ。どれだけの大きな松の木を使われたのか。そして築120年でも歪みも隙…

Continue Reading

ガチガチの布

いつぞやの帯芯の柿渋染め。ガチガチに硬くなりました。少し濃度の高い液で染めてみました。もはや革のようです。ビー…

Continue Reading

尾道柿園を訪問

4月下旬、尾道柿園さんを訪問。まだ肌寒く、薪ストーブをたいていてくださいました。柿渋カフェの店内は、柿渋染めエ…

Continue Reading

反物の芯になる棒を手に入れました。ひゃっほう、わぁい、布をくるくる巻きやすくて感動。これまでは菜箸を互い違いに…

Continue Reading

糸繰り機

綿花と、糸繰り機?なのでしょうか、使い方も用途もいまいちわからないながら、近くの方から頂きました。写真は水洗い…

Continue Reading

物干し場設置

ながらく、洗濯ヒモを庭木の枝から枝へ渡して染めものを干してきたのですが、この度、ついに物干し場を設置。ヒモで縛…

Continue Reading