備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

服を染める


上の服から垂れてくる柿渋液に注意

少し染めむらがあっても、緑のなかで素敵な存在感です。柿渋染めの服。液にひたして、一週間くらい干すだけ。

余った柿渋は、日数をおくと、かすが出てくるので、こんな排水口ネットなどで濾して、小さい容器に移します。なるべく空気に触れないようにして冷暗所に保管します。


kanae3 • 2020年5月19日


Previous Post

Next Post