備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

火傷に柿渋

2020年3月17日の中国新聞より。幼い頃、いろりで火傷した手に、柿渋をつけた布を巻いて治した思い出が語られて…

Continue Reading

柿畑の草刈り

こんなに草を生やしてはいけません。本当に。でも、あっというまに草は伸びるのですよね。そして、冬も終わりましたね…

Continue Reading

浴衣生地を染め

お天気も良いので、浴衣生地を柿渋染め。古くなると反物にしみや汚れが出ますが、柿渋染めすると目立たなくなります。…

Continue Reading

蔵 お休み

うむ、心が乱れておると、シールも曲がるのです。だいぶ右に寄りましたね、、、 ともあれ、なんとか納品できました。…

Continue Reading

染めますよ

春ですね。染めますよ。晴れたら色々忙しい。合間に素早く、必殺くしゃくしゃ染めと、必殺いい加減ストライプ染め。柿…

Continue Reading

うがいは良さそう

柿渋を、飲むのはしんどいです。作ってる私が言うのもあれですが、大変まずいので、、原液で久しぶりにぐいっと飲んで…

Continue Reading

抗菌作用

https://www.hiroshima-u.ac.jp/koho_press/press/2012/201…

Continue Reading

作業日記

コースターは柿渋塗り。レースの下の布も柿渋染め。こんな風に、モノを再生させ、さらに土台として他を引き立てる柿渋…

Continue Reading

ある日の作業日記

2月24日 よく晴れて気持ちの良い日。 やる気に満ちて午前の仕事、柿渋の濃度を調整して容器につめて、出荷作業開…

Continue Reading

蔵でのフォーラム

地域遺産フォーラム第三回に、柿渋を取りあげていただきました。関係者の皆様、本当に色々ありがとうございました。

1 2 3 20