備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

柿酢作り


余った渋柿で柿酢作りに挑戦。干し柿作りのとき、もう柔らかくなっていたり、ちいさかったり、傷があったり、収穫時に割れてしまったものなどです。ヘタあたりを切り落とし、熱湯消毒したバケツに入れていきます。

押し込め、とネット検索した作り方に書いてあったので、ぎゅぎゅっと詰め込み、なんとかバケツ1個におさまりました。これ、大量消費にとても良いですね。干し柿を作るよりも、かなり短時間の作業で終わって、感動。

小バエ防止にビニール袋でくるみました。これで放置すると柿酢になるらしいです。こんなに適当で良いのかな、本当にできるのかなー? お楽しみに。続報またアップします。


kanae3 • 2021年10月25日


Previous Post

Next Post