備後尾道 柿渋商店

瀬戸内地方で昔ながらに柿渋を手作りしています

最近のあれこれ


晴れ間に少しずつ柿渋染め

神勝寺の含空院より。窓が目、机が口に見えませんか?猫バスの中にいるみたいな写真が取れるとひそかに人気だそうです。。天井や柱は柿渋塗り。

甘柿畑の草刈りも、渋柿畑の草刈りも、なんとか続けております

先日の理事会。真田理事が新市の一山を買って憩いの森を作ろうと活動中です。毎週テレビのポツンと一軒家を見ては、わしも負けんとやっちゃろう思うそうです。楽しみです。あと最近の暑さに柿渋倉庫も少し心配。

先日の、蔵にて。流木に塗った柿渋は、すっかり色落ちしました。また塗りなおしたいですね。

ボランティア募集中です。雨の日は中止です。先日、ジャングルな山の斜面に、これまで思っていた三倍の広さの柿林があり、それも同じ持ち主さんとわかりました。

ノートカバーが柿渋染めの布です。よい風情です。


kanae3 • 2021年6月1日


Previous Post

Next Post